人と企業の橋渡しとなる業績比較サイト ブリッジング

ENGLISH

マグ・イゾベール

株式公開 非上場 業種 建設・資材 売上成長率 -1% 平均利益率 4% 総合評価 C
売上高 23,255 23,357 23,765 23,167 22,640
営業利益 1,601 1,056 610 872 430
利益率 7% 5% 3% 4% 2%

(連結)(百万円)

同業種の業績比較マップ

設立 1987
従業員数 340
企業理念 「断熱から始まる快適エコ」

マグ・イゾベールはガラス繊維の断熱材であるグラスウールの製造事業者として、現太平洋セメントと日本板硝子の共同出資により設立されました。

2010年からはフランスの総合建材メーカーであるサンゴバンの子会社として、日本の断熱市場を牽引するメーカーの1つとなっています。
URL https://www.isover.co.jp/
事業の概要 マグ・イゾベールは売上の7割を住宅用断熱材、残り3割を非住宅用断熱材・吸音材で賄っています。

また、近年では自社で製造するグラスウール以外にも断熱と隣り合わせである気密部材や吸音材といった商品の多角化を進めています。

業績としては、売上の成長が止まり、営業利益率は年々減少している苦しい局面を迎えています。
今後の方針 建設市場の中の断熱市場にいるマグ・イゾベールの業績は、これまで新設建物の着工数・着工床面積の増減に強く影響を受けていました。

そして中長期的に着工数は縮小傾向にあると予想される中、マグ・イゾベールは今後新設着工に依存しない事業への転換が必要と考えられます。

1つには改修分野の開拓(断熱リフォーム)、1つには建物1棟当たりの断熱材の使用量増加(高断熱化)、そしてもう1つにはビジネスモデルの転換が想定されます。
本ページの
URL
https://bridging.link/?detail=20024&la=ja